[an error occurred while processing this directive]

2011年09月25日

 毎月毎月、カードの請求が10万以上来るわけです。もちろん無駄遣いをしているわけでは(たぶん)なく、光熱費なども含めて必要なものを全てカードで支払っているからです。しかしカードってお金を使ってる感覚が非常に薄いですし、カードそのものをそんなに信用していないので、一応全てのレシートを取っておいて、請求の明細と照らし合わせています。しかし結婚やら何やらで数百万も使ったせいで、その辺の明細がごっちゃになってたり一括返済したせいでデジタルデータじゃなく紙で明細が送られてきたりしたせいで、ここ数ヶ月ちゃんとした整理をしてないんですよね。危ないです。

 データに起こすっていうのは非常に有意義なもので、そのデータを使って生活費に幾ら、光熱費に幾ら、予外出費が幾ら、なんてのをキッチリと確認出来るんです。やろうと思えば年間のグラフなんかも出せたりするでしょうし、ムダ遣いを本当にしていないかどうかまで一目瞭然・・・のはずなんです。しかしデータが完全なものじゃないとあまり意味を成さないですし、それ以上にデータを活用しないと全然意味がない単なるムダ作業です。しかし家計簿みたいなもんを作ってると何となく仕事的な感じになってイヤになるんですよね。

 私が思うに、収入が増えない時代、支出をしっかり把握してお金を貯めるべきなんでしょうね。

← 前日
翌日 →

[7]ひとつ上へ
[8]日々のつぶやきへ
[9]モバイルメニューへ