[an error occurred while processing this directive]

2011年08月12日

 昨日の続きなんですけど、「まぁエエわ。ツナギなんて買い直せばエエんやろ」と思ってたわけです。私も昔、マイブームでツナギを着てた事もありましたし、ボードウェアのツナギと違ってワークウェア、そんな高いもんじゃないイメージがありましたので。もちろん相方が会社に言って新しいのを支給してもらうってスンポーもありましたが、訊いてみると「おそらく男性と同じ作業服になる」との事。ダセーでしょ?(全国の作業着ワーカーの方、ごめんなさい)でも女の子が夏でもツナギを半分着て、腰に巻いてるんですよ?上は私服的な好きなTシャツ。そんな格好で客先に行ったりするんですよ?カッコエーでしょ!そのイカス〜!格好を取り上げちゃダメっしょ。

 確かにその10年モノ、実は既に限界突破しています。ポケットが取れてポケット上のフラップだけ残ってたり、ケツポケは残ってますが穴が開いていて使えなかったり。しかし本体自身は縫製がほつれたりせず10年使えるってとこがスゲーですよね。しかも同じモノを自腹で用意すれば会社も文句は言わないはず。そんなわけで擦り切れたタグからググって製造元を割り出し、同じツナギを発見!それが結構高いんですよ。定価で一万を裕に超えるほど。でも長く使えるならそれでOKでしょ?なるたけ安いショップを選んで買っちゃいましたとさ。

 私が思うに、私もスーツよりそんな格好で仕事したいなぁ。

← 前日
翌日 →

[7]ひとつ上へ
[8]日々のつぶやきへ
[9]モバイルメニューへ