[an error occurred while processing this directive]

2011年08月08日

 私がウェブサイトを立ち上げて、十年以上が経ちました。それはスノーボードと一緒で、既に日課と化しています。いやボードは季節物であり週末ボーダーな私としては、基本毎日更新を目指してきたつぶやきはソレ以上だったような気もします。そのつぶやきさえ、もうすぐ10年、あと数日のカウントダウンです。十年という月日は相当なもので、世界情勢もネットの世界もコンピュータ事情も私自身の生活も何もかも相当な変化を遂げました。しかしコレをこれだけ長く続けてきた事によって私が得たものはどれだけあったか?は非常に難しい疑問です。すごくたくさんの友達に巡り合いました。コレが無かったら未だボードを続けていたかどうかさえ疑問です。悪くはなかったと思うんですよ。無駄ではなかった、そう思っています。

 月日が経ち過ぎたのか、私にとってサイトの更新は非常に手間となり、世の中にはかくも多くのサイトがメトロポリタンを形成し、存在意義はほぼ無くなったと思います。いや以前から思っていた、が正解でしょう。「一人でも読んでくれる人がいるなら書き続けようかな」と思っていたのも確かですが、発信者とROMという関係は崩れ、国民、いや全世界総発信者な時代が本格的成り立ち、一個人による情報の発信は意味を成さなくなったのも事実です。引き際が肝心じゃなかったのか?という思いもあり、もういいんじゃないか?という思いもあり、(自分にとっての)世界が崩れてしまうんじゃないか?という思いもありますが、正直この義務的な作業に疲れちゃったのも事実です。本問題に関し、あと一週間だけ考えてみたいと思っています。

 私が思うに、正直これ以上の発展は無く先細ると判っているもの、最後まで頑張る?最後ってどこでしょう?

← 前日
翌日 →

[7]ひとつ上へ
[8]日々のつぶやきへ
[9]モバイルメニューへ