[an error occurred while processing this directive]

2011年07月04日

 結構前に靴を買ったんですね。今のがもうボロボロだったので。でも「まだ履ける!」と頑張って履いてたんです。安物なので表面が削れてみすぼらしくなってたのに。先日、ゴミを捨てようとしたら、ゴミ箱の下にスイカの汁がビニールを超えて溜まっていて。こいつぁヤバイって臭い。友達が遊びに来た際に大玉を丸々一個買ってきてくれて、久しぶりだなこんなデカいスイカは!と喜んで食べた残骸が。何しろ週に一回しか燃えるゴミを捨てる機会が無いので危険なんですよねこの季節。んで、ウチには5Lと40Lのゴミ袋しかなくて、そのスイカ残骸の入った袋がどう考えても5Lに入りそうになく(普段は相方が無理やり押し込んでるんですが、そんなことしたらスイカ惨劇が広がるので)今回は仕方なく40Lの袋登場。\65とかする高級品なのに勿体無い・・・あ、そうか!靴を捨てよう!

 翌日、新品の靴を履いて会社に行った訳です。いやぁ・・・足いて〜!マジで痛いっす。何か当たるし、曲がらないからスレるし、とにかく通勤が苦痛。みすぼらしいボロ靴は履きゴゴチが良かったなぁとしみじみ思いだしますが、既にゴミ収集された後の祭り。どうして新しい革靴ってこんなに履き心地が悪いんでしょうね?

 私が思うに、日本もアメリカを見習ってスーツにナイキで出勤すればイイのに。

← 前日
翌日 →

[7]ひとつ上へ
[8]日々のつぶやきへ
[9]モバイルメニューへ