ONEMAKE FOR SNOWBOARD

[an error occurred while processing this directive]

2011年06月15日

 朝、会社に向かう途中の事です。駅まであと300メートルってとこでしょうか。前の方にオッサンがフラフラと歩いていました。そして隣を通ったタクシーに徐に手を挙げ、タクシーを拾いました。タクシーもあまりに急な事で止まり切れずオーバーラン。ハザードをたいて道の端に寄せようとしていて、私も通りすがりに邪魔くさいなぁと思っていたんです。そしてオッサンが乗り込み、「グランドオータまで」という声が聞こえてきました。ん?グランドオータって駅前にあるパチンコ屋だろ?ここからタクシーかよ!?まさかな。聞き間違いかな?と思ったわけでして。そんで私がズンズンと歩いていくところをタクシーが華麗にスルーしていきました。更にズンズン歩いて駅前に着くと、さっきのオッサン、パチンコ屋に並んでるんですよ。はぁ?マジで300メートルもない距離をタクシーに乗ったんかい!と非常に不思議ちゃんです。

 再度言いますが、私は朝、会社に向かう途中。当然パチンコ屋なんてあと2時間半近く開くわけもなく、そこに立って並んでいるさっきのオッサンともう一人のオッサン。タクシーに乗った意味も判りませんが、新装開店でもないのに2時間半前からパチンコ屋に開店待ちをする所が本当に意味不明です。どうせ立ってあと2時間以上待つんでしょ?300メートルタクシーに乗ってまで何がしたかったんでしょう?

 私が思うに、世の中、私の理解の幅を超える不思議な出来事でイッパイです。

← 前日
翌日 →

[7]ひとつ前へ
[8]日々のつぶやきへ
[9]メニューへ