ONEMAKE FOR SNOWBOARD

[an error occurred while processing this directive]

2011年06月09日

 色々な準備でプリンタが大活躍なんですけど、何しろ何年も前のプリンタなのでそろそろお歳を召してきて。まぁそれでも全然現行機種として使えていますし、最近の無駄に7色とかあるインクではなく4色(シアン、マゼンタ、イエロー、ブラック)のバラ利用なので、ランニングコストもそれなりに悪くないんですけどね。以前そのランニングコストもケチってサードパーティ製の黒インクを買ってきたら、何を印刷しても黒が薄くてショボいモードに。色々印刷の設定をいぢりましたがやっぱりダメ。プリンタヘッドの問題かなぁとか思ってましたが、メーカ純正の黒を買ってきたらアッサリ解決。やっぱりインクはメーカ純正じゃないとダメってことでしょうか?

 常々疑問に思うことがあります。それはインクの利用色です。何で黒い原稿を印刷してるのにカラーインクが減るんじゃ?というところ。もちろんモノクロモードで印刷してると黒しか使わないみたいなんですけど、ポイント的に色が入ってるカラー原稿を印刷するにはモノクロモードにするわけにはいきませんよね。仕方なくフルカラーで印刷するわけですけど、黒いとこ(例えば文字)なんかはブラックインクだけ使ってくれりゃイイのに、何かカラーインクを使うみたいなんですよね。どういう理屈だ?

 私が思うに、どんだけ世界がデジタル化に向かっても、やっぱりプリンタの利用はいつまでもあるものですよね。

← 前日
翌日 →

[7]ひとつ前へ
[8]日々のつぶやきへ
[9]メニューへ