ONEMAKE FOR SNOWBOARD

[an error occurred while processing this directive]

2011年05月17日

 土曜日は、ボード仲間の結婚式がありました。いやぁめでたい。末永くお幸せに。まぁその式ってかどちらかってと披露宴?自体でも色々とネタがあり、牧師が来ないとかツェットが友人代表挨拶で緊張死しそうだったとか新郎の挨拶やご両家代表の謝辞でツェットが泣かされるとか色々あったわけです。しかしそれら以上にすごく気になった事があるんです。

 この新郎新婦は私とほぼ同時期に結婚を決め、式の準備を始めて、あまり滑りにも来れずに頑張って多々準備に励んでいたわけです。その努力の成果が現れ、披露宴自体は素晴らしいものでした。出し物、イベントが盛りだくさんで、招待客を飽きさせない様々な工夫が多々盛り込まれていました。しかしここで気になってしまうのは約一ヵ月後に控えた自分自身の式(ってか披露宴)です。私は?ってか私たちの披露宴は、正直フツー。もちろんチョットだけ嗜好を凝らしたトコもあるんですけど、今回の仲間の披露宴の盛りだくさんイベントに比べたら、ウチらこんなんでイイんかな?そんなんでわざわざご足労頂く来賓を楽しませる事が出来るのかな?が心配なんです。今回とほぼ同じメンツにご参列頂くので、ガッカリさせたら気の毒だなぁと思っちゃったりするわけでして。もちろん他人は他人、ウチらはウチら、とは思いますし、今更何かを増やすつもりはなく予定通りこのまま行くんですけどね。ま、花嫁を見れればそれでイイ!ってゆー意見もありますが、やっぱり今回式を挙げたヤツらに「おめでとう」+「よく頑張った!お疲れ様!」を告げたいです。

 私が思うに、本当は、当日私が緊張で心停止しないかが一番の心配なんですけど。

← 前日
翌日 →

[7]ひとつ前へ
[8]日々のつぶやきへ
[9]メニューへ