ONEMAKE FOR SNOWBOARD

[an error occurred while processing this directive]

2011年02月17日

 夢に日付を。ワタミ元会長の座右の銘ですね。都知事選に立候補したとかでテレビで取り上げられていました。いい言葉だと思います。彼は自分の夢、実現したい事の全てを予定化して実現してきたわけです。日本人にとって夢は見るものです。しかし米国人にとって夢は持つものなんです。"I have a dreams."なわけです。これも有名なキング牧師の台詞ですよね。

 私は結構、人生を惰性で生きています。流されながら時折逆らいながら生きています。そのため、実現不可能な夢は多々ありますが、目標としての夢はありません。しいて言えば楽しく笑いながら日々を過ごしたいくらいであって、例えば「金持ちになりたい」とか「有名になりたい」みたいなものはありません。いやむしろイヤというか。金持ちにもなりたくないですし、有名にもなりたくないです。そりゃ黙っててもカネが転がり込んでくるシステムは欲しいですよ。でもカネを得るために何かを一生懸命努力して苦しみながら他を犠牲にして走り続ける?いやぁ在り得ないっしょ。そんな人生をもし歩んだとして、得られるものは何でしょう?地位?名誉?いらね。満足感?達成感?そんなの一般ぴーぷるのささやかな趣味の世界でも充分得られますし。むしろ達成するより過程が楽しいわけで、いきなりクリアデータの入ったゲームを入手したって面白くないでしょ?

 私が思うに、目的のためなら手段を選ばない人生なんかより、手段のためなら目的を選ばない人生を歩みたいです。

← 前日
翌日 →

[7]ひとつ前へ
[8]日々のつぶやきへ
[9]メニューへ