ONEMAKE FOR SNOWBOARD

[an error occurred while processing this directive]

2011年02月01日

 B級検定まであと3週間!練習できるのは正味4日間くらいしかないわけでして、やっべーなぁって感じです。いや先週末も練習しようと思ったんですよ?その気マンマンでした。しかし2日間とも吹雪。真っ白。パウダーおいしかったぁ!ってそういう場合じゃないのは判ってますって。でも見えないと練習にならんのですよマジで。パウダーも練習にならんのです。例えばすげー難しいのがフォールスライド。板を立てない!初心者はエッジに体重を乗せるために板を立てて身体をターン弧の内側に傾ける(=リーン)が出来ないので、そうせずに体重移動で板の向きを変える、上半身の順ひねりを使って板の振り出しを作り(ローテション)、上半身の逆ひねりを使って板のずらし幅を制御する(カウンターローテション)必要があり、これをフォールスライドと呼ぶわけです。何が言いたいのかって?いやつまり、板を立てないんです。立てちゃいけないんです。意味があんのそれ?と言われそうですが、そういう種目なんだから仕方がありません。んで板を立てない(=面で雪面を捉える)という技術習得のため、ボコボコ斜面やパウダー斜面では不可能なんですよ。引っかかりまくり、それでも無理にやろうとするとマジ初心者バリの逆エッジ。どうやって練習せいっちゅーねん!って話です。

 まぁみんながデカ台で気持ちよさそうに飛んでいる中、私は女子チームに交じってチビ台で一生懸命検定のエア種目の練習をしてたりしたわけなんですが。つまんねー。テンションあがんねー。でも仕方がない。

 私が思うに、上手下手が見る人の主観でしか判断できない基礎技術って、やっぱりあまり意味がないような・・・

← 前日
翌日 →

[7]ひとつ前へ
[8]日々のつぶやきへ
[9]メニューへ