ONEMAKE FOR SNOWBOARD

[an error occurred while processing this directive]

2011年01月22日

 昼休みにほげほげと歯磨きをしていたんです。会社の歯磨きって、やっぱりトイレの洗面台んとこです。ウチの会社の洗面台は3つあるんですが、頻繁に人が来るので三歩下がって端に寄ってシャコシャコやっていたんですね。そこに外から歯ブラシを銜えて洗面台に来たオジサンがいました。横目でその人を見ていたら、いきなり洗面台が赤く染まりました。ん?どんだけ口をやっちまったんだ?と鏡越しによく見たら、鼻血なんです。鼻からダーーーーーっと。ダーじゃないです。そりゃもーすげー量!私は、へ・・・?と固まってしまいました。そのまま止まりそうもなく、まじシャレにならんのとちゃうか?と思ったところ、その人の部下らしき人が「うわっ!どうしたんですか?」と言いながら慌てて大のところに行きトイレットペーパーを持ってきて手渡し、そこで事態は収束に向かいました。染まったYシャツと洗面台、かなり異様な光景でした。

 何が原因かは知りませんけど、私はあんな流血を見た事がありません。自分で鼻の骨折をした時もかなりシャレにならん血が出て「ぐわっ」と思ったものですが、それ以上です。エボラ患者かと思っちゃいましたよ。彼は果たしてその後どうなったのかが、すごく気になります。

 私が思うに、他人の血って、なんかスゴク怖くないですか?

← 前日
翌日 →

[7]ひとつ前へ
[8]日々のつぶやきへ
[9]メニューへ