ONEMAKE FOR SNOWBOARD

[an error occurred while processing this directive]

2011年01月11日

 もちろん3連休はホームゲレンデへ。1日目は快晴、2日目は吹雪、その2日目の夜、メシを食いに行くと大吹雪。テレビでも翌日は日本全国大荒れという天気予報。こーらダメだ!とヤル気ゼロ。朝のみんなのヤル気にほぼゴンドラオープンに連れ出されたものの、朝から吹雪。テンション上がらんわぁ・・・これから先、更に荒れるんでしょ?帰りの道中も吹雪いたら高速もシャレにならん渋滞じゃね?と思っていた早めの昼休み、レストハウスも前日、前々日のハンパねーガン混みはどこに?って感じのガラガラ。みんな荒れるから早めに帰ったのかなぁ?とか言ってる最中から、めっさ快晴!空一面が青いの何の。結局その後ずっと快晴で、しかもみんな帰っちゃったのかゲレンデはガラガラ。15時過ぎまで滑っていきました。その後の風呂も空いてたし、晩飯なんて普段からヤバイくらい混んでて車が入れないような店も誰一人客がいない状態。初めてですよあの店が貸切なんて。帰り道も車はすごく少なめで、6〜7時間は覚悟していたのに22時半にもならず家に到着。何だったんでしょ?

 いつも思いますが、天気予報ってホントあてにならんですよね。もちろん寒くなります的なのは信じても良いですし、それで「今日は厚着してかなきゃ」と思うこともあります。それに今日みたいに自分らにナイスに働いた時はイイですけど、天気予報を信じて早めに帰って渋滞にハマった人とか、すげー可哀想ですよ。

 私が思うに、天気予報は、疑ってかかるくらいで丁度よいものなのかもしれません。

← 前日
翌日 →

[7]ひとつ前へ
[8]日々のつぶやきへ
[9]メニューへ