ONEMAKE FOR SNOWBOARD

[an error occurred while processing this directive]

2011年01月05日

 相変わらず休み明けの仕事ってのは憂鬱ですよね。かったりーの何の。昔の人は、昔って言ってもほんの20〜30年前の話ですよ、週休1日が当たり前!ウチの親なんてそれすら無しで働いてた気がします。それを今は週休二日が当たり前、それでも休みが少ないなぁと思う自分。そんな私の考えが甘いのか、そんなん当たり前だよって話なのかは判りませんけど、慣れなんでしょうね。私自身だって数年前は休みなしで働いてた事も毎日終電や会社泊まりの日々だった事もあるわけで、今のように(無理やりでも)19時には家にいる生活をしてても、休みすくねー!ちかれたー!と思ったりするわけです。

 祝日を減らそうとする政治家?働きたい人が働けない世の中?バカ言ってんじゃないってんです。休みがあってイヤな人なんてそう多くはいませんよ。むしろ休みを有意義に過ごすために仕事をしている人が大多数じゃないですか?休みが多いから日本の生産性が下がってるっていう概念が根本的に間違ってるわけです。んじゃ何かい?バブルの頃のように馬車馬のように働きバチのように国民が会社のために苦しんで働いて、その代償にモノを買って消費する時代が素晴らしいとでも?何だかなぁ。

 簡単なのは会社の副業禁止を禁止する事ですよ。働きたい人は副業すりゃいいわけです堂々と。副業?むしろ双方本職みたいな。休みたい人は1社で働いて休めばいいんです。むしろ週休4日が当たり前で、働きたい人は別の仕事に週3日費やせば良くて、2つ以上の会社に属しているのが当たり前の世の中に変えていくべきなんですよね。3日間A社、3日間B社、1日休み、あー何て効率的な世の中!私なら3日しか働きませんけどね。

 私が思うに、終身雇用時代の終わり→イチ個人多属社会ですよ。

← 前日
翌日 →

[7]ひとつ前へ
[8]日々のつぶやきへ
[9]メニューへ