ONEMAKE FOR SNOWBOARD

[an error occurred while processing this directive]

2010年11月21日

 リフォーム業者から連絡が来て、「お風呂が大きく出来る」との事です。何のことかってゆーと、昔のお風呂は固定のユニットを持ってきて組み立てるだけだったわけでして、要はどこの建物でも差異なんて考えずに同じサイズのユニットを持ってきていたわけです。しかし建物によって空間には当然差異があり、何号室っていう違いでも差異があるわけです。更に建築当初の配管などに比べて今の配管などではウマイことアレできる部分が多々あるらしく、ユニットバスメーカ各社が「もっと広がる」みたいなのを売りにしているんですよ最近は。例えば今のウチは1116サイズ(1100mm×1600mm)なんですけど、新居は1216サイズ(1200mm×1600mm)なんです。そして調べてもらった結果、1317サイズ(1300mm×1700mm)に出来るだろうと。つまり今のお風呂から比較すると短い辺が200mm=20cmも広くなるわけでして、イコール湯船のサイズも20cmほど大きくなるわけです。20cmってったらあーた!かなりすごいですよ?浴槽の内長が1190mmになり、身長178cmの私が足を伸ばして入れるかもしんないわけです。こりゃあバスタイムの寛ぎ感が段違いですよマジで。足が伸ばせるってかなりの開放感ですよね。お風呂の湯船って寛ぐための空間ですから、少しでも楽な姿勢になれることが一番ナイスなわけでして。今から楽しみですね♪

 私が思うに、いつか全身伸ばせるような風呂を持つことを夢見て・・・

← 前日
翌日 →

[7]ひとつ前へ
[8]日々のつぶやきへ
[9]メニューへ