ONEMAKE FOR SNOWBOARD

[an error occurred while processing this directive]

2010年11月11日

 今度住む街は、ゴミが有料となります。つまり指定店で有料のゴミ袋を購入し、それに入れて出さないと回収してくれないというわけです。大きいものでも40リットル、10枚入りで\650、つまり1枚\65ってわけです。今後はゴミを減らす手段と潰す手段を考えなければならなくなりました。

 東京はゴミは捨て放題です。お店に行って貰ったレジ袋にゴミをポイポイ入れて捨てればイイだけでした。しかもウチはゴミ捨て場が建物の中にあり、何曜日に出してもそこに置かれるだけなので曜日意識も大してないんですよ。便利ですが、環境問題としては複雑ですね。もちろん私はイチ小市民ですので地球のためにとかって壮大なテーマよりも1回1回のゴミ捨てに\65が掛かることの方が切実なんですけど。

 今までどうして「家庭ごみを出さないで下さい」なんて張り紙がコンビニとかにあるのかと不思議でしたが、家でゴミを捨てるのにカネがかかるなら当然そこをケチりたがる人が多くなるのも納得です。しかし深刻な不況の最中にゴミの有料化がここまで進んでいると、モノを買わなくなりますよね?今のものを捨てるのにも金がかかるのであれば、我慢して使おうになると思いますよ。環境問題ってのは裕福だから考えられるのであって、今日明日食うのに困っている人がそんな事を考える余裕があるはずがないわけで。消費しない社会が不況なのは当たり前で、自分で自分の首を絞めている気がします。

 私が思うに、そのうち百均でモノを買って、捨てるのに百円以上という理不尽な時代が来るんでしょうか?

← 前日
翌日 →

[7]ひとつ前へ
[8]日々のつぶやきへ
[9]メニューへ