ONEMAKE FOR SNOWBOARD

[an error occurred while processing this directive]

2010年11月03日

 会社帰りに、駅でいきなり「こんばんは!」と元気よく話し掛けられました。ん?とチラ見したら女子高生だったので、自分に話しかけられたとは思わずに通り過ごそうとしたんです。そしたら「あ、あの・・・」みたいな。ん?何だ?と思ってもう一度訝しげによく見てみたら、あれ?どっかで見たような・・・ん〜、ああ!いつも買い物をしているスーパーの店員さんだ!いやだってもー頭のてっぺんから足元の先っちょまで、どこからどう見ても普通の女子高生!私にはそんな知り合いはいないと思っていたのでビックリしちゃいましたよ(汗

 別に先を急いでるわけでもないのでその場で軽く立ち話したところでは、最近お店=アルバイトを辞めて、受験の真っ最中なんだそうです。よく考えてみたら確かにその店員さんを最近見てなかったような?とはいえ何人もいるレジの女の子の顔をいちいち覚えてるわけじゃないので、記憶も曖昧なんですけど。ってゆーか逆にですよ、週2回程度しか来ない、しかもここ半年ばかりの客の顔をよく覚えているもんだと関心しちゃいました。しかも別にレジで仲良く話し込んだ仲とかそーゆーのでもないんですよ?会話って言ったら「お箸をお付け致しますか?」「お願いします」くらいな事務的ってゆーか当たり前なもんでして。記憶力のある人はすごいですよね。若さかな?それとも店員さんは客の顔ってのは自然と覚えるもんなんでしょうか?

 私が思うに、それ以上に、たまに見かける店員と客、その程度の関係で街中で気さくに話しかけてくるフランクさに私は関心です。

← 前日
翌日 →

[7]ひとつ前へ
[8]日々のつぶやきへ
[9]メニューへ