ONEMAKE FOR SNOWBOARD

[an error occurred while processing this directive]

2010年08月20日

 最近ちょっとヤバイものを感じます。いや感じる事件があったと言った方が正確なのかもしれません。えー、中年を感じさせられました。いや、ハラは出てないですよ?むしろ運動なんてしてないのに何でハラ割れてんの?ってくらい。でも近いものがあります。それは、原チャリに乗るとき、跨げなかったんです。原チャリを。股関節イテテって感じ。かなり劇的にショックでした。

 幼少の頃から身体を動かしてきて、十数年・・・いや20年くらい前になっちゃうのかな?その辺までは股割りに近いもの、足を左右に広げたまま両手が前後で地面に付く状態が普通に出来てました。頭ひとつ高い所が蹴れたというか。それが今や時が経ち、身体が硬くなったなぁとは感じてましたが、まさかここまでとは。だって原チャリに乗る時に跨ぐ足の角度なんて90度とかじゃないですか?つまり180度開いていたはずの足が今現在90度開かないって事です。冷静に考えてみればスノーボードは股関節を開くことはほぼありません。足が板に繋がってますし。むしろ基礎系ならその状態から更に内股に絞り込むくらい。更に考えてみれば、普通に生活をしてたら股を広げる事なんて皆無なんですよね。階段を2段飛ばしで登るくらいはしても、実は大して股関節なんて広がってないんですよ。ヒザでごまかしているというか。こりゃヤバイ!ヤバイなぁと思いつつも、本当に何がヤバイのかがよく判っていません。股割きが日常生活に何の役に立つか知りませんので。

 私が思うに、身体が思っていた角度に動かないこと?それがヤバイんでしょうか?

← 前日
翌日 →

[7]ひとつ前へ
[8]日々のつぶやきへ
[9]メニューへ