ONEMAKE FOR SNOWBOARD

[an error occurred while processing this directive]

2010年07月13日

 最近、ぎるどにログイン出来ない問題が多発していたようで、ご迷惑をお掛けしました。何しろ私は全然気付かなかったものでして。ウチは20GBの契約でサーバを借りているのですが、ウチのサイトはかなり軽く作っているので、数万にもなるファイル群があっても20GBも使うはずが無いのです。でもまぁ見直す良い機会だと色々見てみて、古い不要そうなファイルをじゃかじゃか削除して、友達に貸してるスペースの公開ファイルなども消させてもらって、それでもまだ症状が回復せず。むーん・・・えー、犯人はレンタルサーバ会社でした。なんかおかしいよ?調べてよ!と依頼したら、「サーバ自体の容量不足でした」とか。あほかっ!カネ取って20GBの領域を保証してんなら最初からユーザ×20GBのディスクを搭載しとけってんです。ほんと毎度毎度なんですかねこのサーバ管理会社は・・・。ちうわけでファイルを消させてもらった友達&ぎるどにログイン出来なくてイラっとした方々、ご迷惑をお掛け致しました。

 基本的に私は過去を消すのがあんまり好きではありません。過去の遺産は大抵どこかで役に立つからです。つまりデータは無限に増える一方。インターネット世界そのものが同じ傾向にあるわけで、本当は不要なものはサクサク消していくのが正しい姿なのかもしれません。

 私が思うに、1日に数百エクサバイトのスピードで宇宙より早く膨張していると言われている電子世界、一体どこまで広がっていくのでしょうか?

← 前日
翌日 →

[7]ひとつ前へ
[8]日々のつぶやきへ
[9]メニューへ