ONEMAKE FOR SNOWBOARD

[an error occurred while processing this directive]

2010年05月08日

 床屋に行ってきたんです。例の駅前の\1,000カット。すんごいレアなお店でした。色々な\1,000カットのお店に行ってきましたが、これほど珍しいお店は初めてです。

 まず外から中の様子を見ると、席が3つあってお客が3人、店員も3人、まずまず混んでます。まぁそんくらいなら・・・と入ってみると、「お二階へどうぞ〜」と言われます。促されるがまま二階へ上がると、ズラーッと席が!10席くらい。そして店員がズラーっと!全ての席に客と店員がいます。更に3名ほどの見習いの名札を下げた人がADのように動き回っています。更に更に、待ち客がズラーッと!10人くらい?そして「いらっしゃいませ〜!しょーしょーお待ちくださぁい!」と店員が一斉に!どこの居酒屋に来たんだ?って感じです。まぁ混んでるってコトは悪い店じゃないってコトで素直に並びます。マンガを読んでたら次から次へと客が売れていき新たにストックされていき、流れ作業のようにひとつずつ席をズラしていき、30分も待たずに自分の番。鼻ピアスの坊主の店員。あーしてこーしてと説明し、カットが始まると・・・漉きバサミ?一度に切れないハサミでしつこくチョキチョキ・・・効率わるっ!そしてその間にも客がじゃんじゃん来て、その度に「いらっしゃいませ〜」、客が出て行く度に「おつかれさまでした〜」、十数人がそれを言い続けるわけです。うるさいの何の。どんな居酒屋だよ?って感じ・・・え?オチ?特にないです。腕前的には可も無く不可も無く。フツーに仕上がりました。まぁ\1,000ならまた来てもいいかなぁ?って感じです。もちろんカットのみ(襟そり込み)でやってもらって、家で自分でシャンプーしたのは言うまでもありません。

 私が思うに、世の中には色々なお店があるものです。

← 前日
翌日 →

[7]ひとつ前へ
[8]日々のつぶやきへ
[9]メニューへ