ONEMAKE FOR SNOWBOARD

[an error occurred while processing this directive]

2010年04月08日

 たまらん忙しさです。いくら頑張っても給料が増えるわけでもないですし、そもそも残業代が出ないので意味はないんです。でもやらなきゃあかん因果な商売です。大分出張?若い子に行かせました。秋田出張?若い子に行かせました。時間的余裕も全然ないですし、「キミのとこは若い子が育たないなぁ」とか言われるのを何とかせなあかんのです。

 もちろん若い子に行かせるものですから楽な内容&大きな問題の起きないものですよ。現場行ってチョコチョコ作業してくるだけ。でもこうやって外部インタフェースを鍛えて、自分からお客さんのところで何とかしてくるようになってほしいもんです。本当は自分で行きたかったんです。知らない土地に行くのも面白いですしね。けど、時間と仕事量がそれを許しません。自分のやっている仕事の内容的にどうしても若い子には出来ないものが多く、若い子に任せられる内容も私がやった方が処理スピードが桁違いですからね。しかし本当はそういうのも彼らにやらせて、覚えて慣れてほしいわけです。時間がそれを許さないのです。ぶっちゃけ遅くまで仕事をしているのは私のような切羽詰った状況の人と、課長、部長、事業部長などのエライ人だけ。エライ人にはエライ人の仕事があり、下に任せるより彼らがやったほうが速い+余計な出費(残業代)が必要ないからなのです。

 私が思うに、短納期の不況、時代が若い子を育てられない不憫な世の中です。

← 前日
翌日 →

[7]ひとつ前へ
[8]日々のつぶやきへ
[9]メニューへ