ONEMAKE FOR SNOWBOARD

[an error occurred while processing this directive]

2010年03月29日

 ウチの部署には書記さんという人がいます。ウチの部署に限らず、ウチの会社には全ての部署に1人〜3人の書記さんがいるのです。別に議事録を取る人ではありません。ゴルバチョフ書記長だって議事録書いてたわけじゃないでしょ?ウチの会社の書記さんというのは、お金を集める仕事「以外」の事をする人です。つまりは部内の総務とでも言えばイイでしょうか。生産部なのでお金を集める仕事+お金を集めたためにやらなきゃいけない仕事に社員は皆が終始追われていて、協力会社への発注とか労務の工数通知とか色々雑務があるわけですが、それらを担ってくれる重要な存在です。

 鬱・・・はぁ。ウチの書記さん、かなりのスーパーマン(ウーマン)だったんですよ。課員プロパー+協力会社の60余名を1人でやりくりしてくれていた、デキル人だったんです。鬱になっちゃいました。ぶっちゃけ何でそうなるのかサッパリ判りません。カメラと海外旅行が趣味で、あれだけの仕事を定時までに終わらせて、たまに1週間の休みとか取って海外旅行、仕事も趣味もバリバリ(死語)だったわけです。まぁ鬱には色々な要因があるので一概に何とも言えませんけどね。困ったのは残された我ら!あまりにスーパーウーマン過ぎて、彼女のやってた仕事が全然判りませ〜ん(涙)決算だからタダでさえ雑務が山盛りなのに(滝涙)

 私が思うに、鬱になる前に自分がいなくなっても会社が回る方法は確立しておくべき?

← 前日
翌日 →

[7]ひとつ前へ
[8]日々のつぶやきへ
[9]メニューへ