ONEMAKE FOR SNOWBOARD

[an error occurred while processing this directive]

2010年03月13日

 ゲレンデに向かう高速道路で雨が降り出し、やばいかなぁと思っていたわけですが、やっぱり雨でした。今期のウェアは性能じゃなくスタイルで選んだので、耐水性がぜーんぜんダメダメ!生地的な問題もあるのかもしれませんが、めっちゃ滲みます。搾れるんじゃないかってくらい。そして夕方から雨が雪に変わり、濡れたウェアがどんどん凍っていき・・・ゲレンデがこんなに寒く感じたのはいつ以来でしょう?風邪も治りかけなのに何やってんだか。

 ってゆーかですね、雪に対する撥水性はともかく、雨に対する撥水性のあるウェアってどんだけあるもんなんでしょうね?確かにGORE-TEXとかの素材のものは中までは滲みにくいです。実際今日もグローブは外は搾れそうなほど水が滴ってましたが、中は濡れませんでしたし。でもGORE-TEXも表面は濡れるわけです。極端な例ですとジーンズのGORE-TEXとかだってあるわけです。濡れないわけがないわけでして。そして今日のように午後から冷え出して冷気+滑走時の冷え込みがあると、表面がカチンコチンになるわけですよ。重いし冷たいし、それを防ごうと思ったらぶっちゃけビニール=合羽?ポンチョ?くらいしかないわけで、ボードはスポーツですからビニールを着てサウナ状態になってもアレですし。

 私が思うに、雪、吹雪、見えない、ガマンします。雨だけはマジ勘弁してほしいっす。

← 前日
翌日 →

[7]ひとつ前へ
[8]日々のつぶやきへ
[9]メニューへ