ONEMAKE FOR SNOWBOARD

[an error occurred while processing this directive]

2010年02月24日

 仲間内のネタで「縛り」というのがあります。B1縛りとかインディ縛りとか。つまりみんなで同じ技で飛ぼうというモノです。もちろんみんなのレベルは様々ですので、あまりレベルの高い技ではやりませんが、チビキッカーなんかでB1縛りなんかは楽しいですよ。出来る人は先に飛んで見本、出来ない人や練習中の人はチャレンジ、それもまたみんなで楽しむスノーボードの一面ですよ。また仲間内のネタで「祭り」というのがあります。これがタチが悪い。いや面白いんですけどね。正式名称は「奉り」・・・いや「縦祭り」でして、つまりは縦縛りなんです。もちろん縦っていうのは人によって出来る技、出来ない技にものすごく偏りがあるので、縦及び3Dなら何でもOKというものです。やっぱり見る側は縦や3Dは盛り上がりますよね。一般ぴーぷるウケもイイですしね。

 始まりは仲間内で順番待ちをしている際に、一番最初に仕掛けられたら!です。後続で縦技を持っているライダーは続かなきゃいけない義務があります。祭りの始まりです。しかし縦は怖いです。私は何度となく縦で痛い目に合っていますので、なるべくならランディングが柔らかい時期にしてほしいものです。特に身体が暖まってない時や、全然飛んでなくてキッカーの具合が判らない時なんかは勘弁してほしいわけですマジで。いやホントに。ネタじゃなく。「まだ勘弁してくれ」ってのは本当にネタじゃなくて怖いんですって(滝汗)って、そこで仕掛けるかぁ!?

 私が思うに、派手クラッシュをするような大技はもうしませんが、未だに縦はいつやっても怖いものです。いや年々怖くなっていくと言うべきか。

← 前日
翌日 →

[7]ひとつ前へ
[8]日々のつぶやきへ
[9]メニューへ