ONEMAKE FOR SNOWBOARD

[an error occurred while processing this directive]

2010年01月21日

 左ヒジの怪我から9ヶ月が経ちました。未だまっすぐは伸びませんし曲げる方も右と比べて足りないんですが、生活どころかボードに全く支障がないのでヨシとしましょう。しかし怪我はイヤですね。今年は怪我をしないように素直に転びたいところです。無理にメイクしようと着地で踏ん張るから危ないんですよ。

 一番の後遺症は、ヒジが曲がらない事なんかじゃなく恐怖心が増した事です。キッカーが怖いんですよ。元々スピード麻痺な私はアプローチスピードがキッカーに合ってるかどうかが全然判りません。いやむしろランディングに届かなくて角落ちする方が危ないのは重々判ってるんですけど、最近はアプローチしてて「大丈夫か?」と不安になってしまうんです。特に横回転系、コレがタチが悪いんです。というのもリップである程度巻く(カービング?ドリフト?しながらリップを抜ける)ので、当然ストレートより飛距離が落ちるんです。だのにビビってアプローチスピードを落とすもんですから、余計に届かない的な。かと言ってオーバースピードでアプローチしても、これまたビビって早抜けしてしまい、余計に届かない的な。判ってるんです。足りないくらいなら飛び過ぎろ!もちろん充分な長さのランディングがあってこそ、なのですけどね。

 私が思うに、折れない骨と折れない心、どこに売ってますか?

← 前日
翌日 →

[7]ひとつ前へ
[8]日々のつぶやきへ
[9]メニューへ