ONEMAKE FOR SNOWBOARD

[an error occurred while processing this directive]

2010年01月14日

 いつも行くゲレンデに、親子で来るってゆーか、地元に住んでいる仲間がいます。子供は今年からボードデビュー。プラスチックなヤツですけど、彼は伸びる一方、我らは堕ちる一方。いやぁ今後が楽しみです。

 とはいえ親は大変です。彼は3歳半、コミュニケーションが取れる年頃ですが、泣くわ喚くわ叫ぶわ漏らすわ悪戯するわ、親の言うことなんて聞きゃーしない。ここまで来るのにも相当大変だっただろうに、これからもっとやんちゃで腕白で生意気になっていくわけです。そんな子供を一生懸命面倒を見ている彼ら夫妻、尊敬に値しますねマジで。万が一まかり間違って私が結婚して子供が出来たとして、同じ事が出来るか?と訊かれたら絶対ムリ!と言わざるをえません。家庭内暴力勃発しまくりですよ(汗

 彼らを見ていて特に思うのが、自分の親に感謝!です。私も生まれていきなり三十路だったわけじゃありませんので、ガキの頃もあれば三歳児だった事もあるわけです。そして言うまでもなく彼らと同じような苦労を自分の親にも味わわせてきたと判るわけです。私は私なりに親に感謝してきたつもりですが、実際の苦労という現実をこう見せつけられると、まだまだ感謝が足りないな!と切に思うわけでして。

 私が思うに、ありがとう自分の両親!がんばれ世間の両親!

← 前日
翌日 →

[7]ひとつ前へ
[8]日々のつぶやきへ
[9]メニューへ