ONEMAKE FOR SNOWBOARD

[an error occurred while processing this directive]

2009年11月12日

 医事課ってご存知ですか?ま、大抵の人は知らないんですけど、病院の会計だと思ってもらって大きな間違いはありません。病院は公的施設に見えますけどれっきとした営利団体ですから、カネ勘定する部署があるんです。それが医事課なんです。そのメイン仕事の中にレセがあります。用はレセプト(って英語じゃないよね?医学用語だからドイツ語かな?)という診察内容によって点数計算した書類を作る作業の事であり、個人以外からカネを取る重要なアイテムとなります。例えば3割負担だぁ!というサラリーマン。診察代が三千円だったとします。病院は一万円の儲けなんです。じゃあ残りの七千円はどこから稼ぐの?ってのがレセです。レセプトは幾つかの審査機関を経由して健保組合に送られ、健保組合が病院に指定された金額、つまりこの場合は七千円を基金より支払うわけですね。

 こいつら、ひっじょーに仕事が遅いんですよ。もちろん個人の仕事さばきの話じゃありません。仕事さばき的にはスゲー早い人も多々いるでしょう。そういう事じゃなくて、作って、審査してNGで、直して再送、審査して・・・みたいなコトを繰り返すのが当たり前の厳密性を問われる工程だもんで、遅れる時には数ヶ月単位で簡単に遅れます。その証拠に、自己負担分の2万円を超えた額が健保から貰える仕組み(一部負担還元金)があるのですが、5月分は8月中に来たのに、4月分は未だに来ません。健保組合に確認したら、未だ病院から請求が来てないと。病院に確認したら、先月やっと3回目の修正提出をした所だとか。数万円の一部負担還元金はおそらく1月以降になるんでしょうね。何にしろアタマ来るのが、病院に連絡した時の医事課の態度・・・多少遅れてもそんなの当たり前。厳密に審査してんだから。何か文句あんの?的な。あームカつく。んじゃその日のうちに会計される個人負担はテキトーに計算でもしてんのかよ?って思いません?

 私が思うに、病院って殿様商売ですよね・・・(病院関係者様、ごめんなさい)

← 前日
翌日 →

[7]ひとつ前へ
[8]日々のつぶやきへ
[9]メニューへ