ONEMAKE FOR SNOWBOARD

[an error occurred while processing this directive]

2009年10月24日

 とうとうWindows7が発売されましたね。大ニュース・・・え?シラネ?いや世間一般はぶっちゃけそんなもんなんじゃないですか?大騒ぎしているのは業界人か関係者かアキバ族くらいなもんで。

 というのも、2世代前のXPが世の中の大半を占めていて、Vistaですら未だ非常にシェアが少ない状態です。そんな中で最新のOSとか発売されても一般ユーザは「ふーん。だから?」というレベルだと思うんですよね。そもそも一般ユーザにおけるOSとは、あくまでベースであって存在を意識しないもの?つまりPC・・・いやあえてここは一般ユーザ視点でパソコンと呼びますか。そのパソコンを使う目的はずばり!インターネットです。パソコンでブログを更新したり、パソコンでオークションを見たり、世の中の大半の人にとってコレがパソコンの存在意義なんですよ。ぶっちゃけブラウザ?なにソレ?eってマークをダブルクリックすればインターネットが出来るよ?という人たちにOSがどーこー言ったって意味無いでしょ。そもそもOSはパソコンを買ったら付いてくるモノであって、それが何なのかすら意識して無いと思いますよ。もちろんXPとVistaは相当ミテクレが違うので違いは判ると思いますが、XPしか見てない人がVistaと7の違いなんて判るわけがありません。

 私が思うに、ビジネスとして新しいものを出さなきゃいけない気持ちは判りますが、本当に7に存在意義はありますか?

← 前日
翌日 →

[7]ひとつ前へ
[8]日々のつぶやきへ
[9]メニューへ