ONEMAKE FOR SNOWBOARD

[an error occurred while processing this directive]

2009年09月02日

 ある日の事です。私の対面に座っている部下のK君(22)が、自分のアタマをガンガン叩き始めました。おいおい、こいつ大丈夫かよ?と思っていましたが、日に日にそれがエスカレートしてったのです。こいつマジでやべー!と思ったので、K君の横に座り先輩に当たる別の部下のT君(23)に病院に連れて行かせました。結果、軽い鬱だそうで、抗鬱剤を貰ってきたそうなんです。心配だったのでT君の同期であり私の横に座るE君と2人に「後輩なんだからちゃんと面倒みたれよ」と伝えておきました。またとある日の事です。外出時の打ち合わせ中にE君からメールが入り、「K君が過呼吸の発作を起こしました」と。「隣の島の人が対応してくれて、落ち着いたので医務室で寝かせてあります」と。その後、すったもんだがありましたが、結局精神状態が安定しないため、上司や彼の両親と話をして、彼は休職する事になりました。

 自分が22歳の頃、ナニ考えて仕事してたんだかなんて覚えちゃいませんが、きっと彼は極度に生真面目だったんでしょう。K君は私の部下ですが、私の指示下ではなく別部署の人から直接指示を受けて業務に当たっていました。その直接の業務指示をしていたHさんとの相性が悪かったのかもしれません。ともあれ、私の部下でこれで2人目です。ふぅ、上司って大変です。

 私が思うに、この業界が悪いのか、この会社が悪いのか、この私が悪いのか・・・

← 前日
翌日 →

[7]ひとつ前へ
[8]日々のつぶやきへ
[9]メニューへ