ONEMAKE FOR SNOWBOARD

[an error occurred while processing this directive]

2002年09月28日

 どんどん安くなっていくものに、コンタクトレンズがあります。私は視力が(まだギリギリ)良い方なのでコンタクトレンズの必要性はないのですが、高校時代に知人がゲレンデで数万円もするコンタクトレンズを落としたことがあり、10人がかりで探したことがありますが結局見つかりませんでした。雪の上でコンタクトレンズひとつを発見するのは不可能に近いです。

 元々2枚で数万円したものが廉価版とはいえ2枚で百円程度で売っている背景には技術の進歩だけじゃないと思うのは私だけでしょうか。そんなに頻繁に買い換えるものじゃないですよね、コンタクトレンズなんて。それを数百円で売っていたら商売にならないから数万円で売りつけていたボッタクリと考えるのは私がコンタクトレンズをしないから良し悪しが分からないせいでしょうか。

 私が思うに、数万円で視力回復センターへ行けばいいのに・・・

← 前日
翌日 →

[7]ひとつ前へ
[8]日々のつぶやきへ
[9]メニューへ