ONEMAKESNOWBOARD

企て1.
夏にもワンメイクできるところを探す!

 考えてもみましょうよ! けっこうありますよ! 夏でも冬でも関係なしにワンメイクできるところ! これは私が思い付くところです。「カルマ」とは罪というか悪い面、「カリスマ」とは誉というか良い点です。私の勝手な一存ですので、それが全てだとは思わないで欲しいのですが。

其の壱、ららぽーとスキードーム「ザウス」

 言わずと知れた、国内(世界!?)最大規模の屋内スキー場です。それに伴い、国内(世界!?)最高規模の入場料金を取られます。(^_^; 向かって左側のリフトを上り、降りたところのコースを左壁沿いに滑っていくとジャンプ台への入り口があります。正面からコースを見上げて、真っ正面から抜けてくるこのジャンプ台は、上級者にはあまり面白くないかもしれません。(^^;)

スキー場としてのカルマ

  1. とにかくお値段が高いです。一日いると1万以上なくなります。
  2. 素人ボーダーが多いので、爽快に滑れず危ないです。
  3. レンタルボードの質が低いです。初心者にステップインはちょっと・・・

スキー場としてのカリスマ

  1. 室内スキー場としてはめちゃめちゃ大きいです。
  2. 室内スキー場としては一番雪質がいいと思われます。
  3. 結構朝早くから夜遅くまでやってます。

ジャンプ台のカルマ

  1. ハイクアップ禁止のため、ガン混みリフトがとてもめんどくさいです。
  2. 下がアイスバーンみたいなものなので、変に転ぶと危険です。
  3. ボード午後の日は、リップと着地地点がボロボロに荒らされてて危険です。

ジャンプ台のカリスマ

  1. エントリーがフラットなので、とてもエントリーしやすいです。
  2. 結構空いてます。
  3. 真正面に抜けるので、とても目立ちやすいです。

其の弐、「クールバル」&「スノーヴァ」

 最近、首都圏近辺(というか都内とか)に進出している室内スノボ場のチェーン店です。雪と人工雪を混ぜたヤツはクッション性がとてもよく、溶けないので家にまで憑いてきます(^^; 店(!?)によって多少違うのですが、大概、フラットバーンとキッカーとパイプがセットになっており、中にはパークがあるところもあります。

スノボ場としてのカルマ

  1. 意外とお値段が高いです。近いから毎週末っていうわけには。
  2. 人工雪です。手袋につぶつぶ入ると気持ち悪いです。
  3. 2秒で滑り終わるフラットバーンはいらないです。

スノボ場としてのカリスマ

  1. ほんとに近いです。都内に住んでいれば、30分かからないです。
  2. ヘルメットを無料貸与してもらえます。
  3. しょっちゅう何かしらキャンペーンをやってます。

キッカーのカルマ

  1. 混んでます。
  2. 時によって店によってキッカーの形がバラバラです。
  3. 素人にはちょっと入りにくい(難易度が高い)です。

キッカーのカリスマ

  1. 大きいので大きなトリックがやりやすいです。
  2. 周囲のレベルが比較的高いので勉強になります。
  3. 人工雪クッションは結構安全サラサラです。

其の参、「カムイ」

 室内スノボ場としては元祖(私の知る限りでは)だと思います。大、小のキッカーとパイプが2本、外にはトランポリン(ボードのまま可)まである親切設計です。が、遠い! 茨城です。値段もそこそこなのですが、交通費が高くついてしまいます。ちゃんと溶ける人工雪(氷!?)を使っていますが、そのせいか中は南極、外は赤道直下の気分を味わえます。

スノボ場としてのカルマ

  1. 遠いですよぉ。茨城県ですよ。
  2. あの温度差は耐え難いです。ヤバイです。
  3. 周りにコンビニすらないです。

スノボ場としてのカリスマ

  1. 上、中、初級者みんなにやさしいです。
  2. 時間制なので気軽に出入りできます。
  3. あのトランポリンはエアーの練習に最適です。

キッカーのカルマ

  1. 上級者がバンバン飛ぶため、すぐ壊れます。
  2. 雪(氷)がちょっと固めです。
  3. エスカレーターが近くてぶつかりそうです。

キッカーのカリスマ

  1. キッカーが2個あるので選べます。
  2. 周囲のレベルがとても高いです。
  3. キッカーの完成度がとても高いです。

 どうでしょうか。行った事がないところはありますか? ここに行ってみたいという所はありましたか?「それは違うだろ、おまえ!」という記述がありましたか? 行った事がなくて興味がある所がありましたら、一度は行ってみる事をお勧めします。夏に雪まみれになって、そのまま炎天下の外に出ると、サイコーに気持ちいいですよ・・・


ひとつ前へ
メニューへ
ホームへ
©Z-tsett-
with TEAM FATAL