第17回FSシフティ(Frontside Shifty)(フロントサイド、山側へひねる)

イメージ
Rider:Siva

 さて今度はフロントサイドシフティです。

 前回に引き続き言いますが、混同しないで下さいね。後ろにひねっているのですが、フロントサイドです。ジブをやってる人は間違えないかもしれませんね。板の向きがフロントサイド方向へ向くのでフロントサイドなんです。後ろだからバックサイド?と思わないで下さい。

 それじゃあやってみましょう。(説明はスタンダード(レギュラー)の場合です。グーフィーの方は、左右を置き換えて読んで下さい)

  1. 力を抜いてしゃがみ込みます。
  2. リップの端までテールを残し、しっかりオーリーします。
  3. 顔は正面を向いたまま左手を左方向に大きく振り、右かかとを、後ろから回して正面に蹴り出すことにより板を真横にします。
  4. 手を右に戻す反動で足も後ろに戻して板をまっすぐに直し、力を抜いて足を伸ばします。
  5. 着地(両足同時)。

 フロントサイドは足を引き付けちゃだめです。全然回らないです。むしろ伸ばしっぱなしを心掛けるくらいの勢いでいきましょう。顔はバックサイドと変わらず正面を見続けていないと回転がかかってしまいますので、自分の視線を正面から逸らさないように。

 意識としては、両手を広げてラジオ体操の腰をひねる運動を空中でする感じです。一旦両足を引き付けてからえいっと蹴り出すとスムーズにCOOLですし、戻す動作も引き付けて戻っていくので簡単になります。

 慣れてきたら、ひねりっぱなしの時間を徐々に長くし、着地の寸前で戻せるようにすると良いでしょう。なぜかって?360°以上の回転をやる際に「あと半ひねり」という状況が必ず出てきます。そのあと半ひねりを簡単に合わせられるようにするためです。必ず役に立ちますよー。

 次回予告:トゥウィーク(Tweak)


[8]ひとつ前へ
[9]メニューへ