第1回グラウンドトリックを始めよう(オーリー)

 グラウンドトリックとは、普通の斜面で何か(滑る以外の事)をすることです。フリースタイルのトリックマスターになるには、避けて通れない道なのです。今回は初回という事で、基本中の基本「オーリー」をやってみましょう。

 オーリーとは、スケートボードから来たテクニックで、簡単に言えばジャンプする事です。なぁんだ、と思う方もいると思いますが、普通のジャンプにしろ、キッカーのジャンプにしろ、とても重要なテクニックとなりますので必ず身につけたい所です。とはいえ、所詮ジャンプです。難しく考えない方が無難かもしれませんね。

 では、解説に入ります。(レギュラーの場合です)

  1. まず、めいっぱい(転ばない程度に)前傾姿勢になります。
  2. 左足を思いっきり持ち上げます。(そのとき右足は突っ張るくらい伸ばしっぱなし)
  3. テールがしなったところで、右足を引き付けます。
  4. 着地(両足同時)。

 ここでポイントは、2のときにボードが折れるんじゃないかってくらい思いっきりやることです。最初は左ヒジも一緒に持ち上げるつもりのほうがやりやすいと思います。常にこれを心がけていると、ちょっとしたジャンプやギャップでもジャンプが大変高くなります。(体感ではあまり高く感じませんが、実際は両足で同時に跳ねるだけよりも高いです)これは習うより慣れろです。何度も何度もしつこくやりましょう。本当に慣れてしまうと、ジャンプ=オーりーと言った感じで、自然に出るようになると思います。次回からは、オーリーが出来る事を前提として話が進んでいきますよ。

 次回予告:グラウンドトリックOS-180°(オープンサイドワンエイティ)


[8]ひとつ前へ
[9]メニューへ