2011 年 11 月 05 日(土)

 相方がパイレーツオブカリビアンの新作(4かな?)をレンタルDVDで借りてきました。まぁレンタルDVDな時点で新作とは呼ばないのかもしれませんが。ともあれ新作なのでレンタル期間は1泊2日。その晩に観れなかったら観るヒマないじゃないですか。ナンだかんだしてて0時過ぎ、翌日は仕事。そりゃあ観るヒマないですよね。とりあえずイメージ化しといて後で観るべ!と思ったのですが、何しろそのDVD、11/1からレンタル開始とかゆーチョー最新作。イメージ化しようと思ってもDVD DecryptorでもDVDFabでも失敗しまくり。つまりコピーガードも最新作。んーこりゃ困った。まぁ何とかエラーセクタを読み飛ばしながらイメージ化したんですけどね。

 未だにレンタル品のコピーって著作権法的にグレーな部分が多く、法律でもアウト!という判例が出たことがありません。あからさまなアウト=コピったヤツをネットにアップして他人にダウンロードさせるとか、コピったヤツを大量にコピって他人に売るとか、そんなのは論外ですけどね。借りてきたものを私的に楽しむ範囲でバックアップは合法なはずなんですよ。音楽CDとかだってみんなレンタルしてきたらどこかにコピーを作るでしょ?古くはカセットテープ、MDだったりCDにしたり、今ならみんなMP3化して携帯プレーヤーに入れて持ち運んでるでしょ?DVDも同じ理屈なんですが、幾ら規制してもコピってアップしたり売ったりするヤツが耐えないのでコピーガードも日々進化を遂げています。

 私が思うに、どうして自分でカネ出したものをネットで無料でバラ撒いたりするんでしょうね?メリットが全然理解不可能です。


← 前日 翌日 →