2011 年 11 月 04 日(金)

 そろそろ本が限界を超えて、本の上に平積みが増えてきちゃいました。そんなわけで楽天で本棚増設計画です。今まで1K〜1DKで暮らしてきて、壁という壁を全て有効利用しながら無理やり詰め込んできたわけです。1Kのときも1DKのときも角部屋だったので窓が二面にあったんですけど、それの片面を潰して本棚を置いてとか。しかし今度は角部屋じゃないんですよね。しかもいきなり3LDK。もちろん相方の荷物も相方のマンガも増えたわけですし、BOOKOFFに行くと二人でマンガを増やすことになるわけです。そりゃあ勢いよく増えるに決まってます。でまぁアレをこうして、アアして、とEXCELで部屋壁と現在の本棚の有効利用を算出して、地震が怖いので寝室の本棚を不安定なものにするのも怖いので、普段人がいないDDR部屋を最大限に有効利用→900mm×600mmの本棚が10個増設出来るコトが判明!そんだけ増やしておけば1年くらいはもつかなぁと。

 ナイんですよこれがまた。同じ本棚。ウチは900mm×600mmの本棚を組み合わせて壁を有効利用してるんですが、全く同じ本棚が全然存在しないんです。奥行きが170mmという薄型なのがポイントで、でも以前「コレだ!」と買ったヤツは棚板の厚みが12mmしかなくて本の重さでたわんじゃってダメだったんです。楽天で同じようなサイズのを見るとみんな同じような薄そうな感じなんです。アイリスオーヤマとかヤマゼンとか、ぜんぜんダメな感じ。でもネットでは厚みとかはデータが載ってないと写真で判断するしかなく、む〜。

 私が思うに、本棚なんだから本の重さに耐えられない設計にすんなっつーの!


← 前日 翌日 →