2011 年 11 月 02 日(水)

 えー実は、昨日は結婚記念日というヤツでした。え?マジ?はやくね?という声が聞こえてきそうですが、実は早くはなく既に一周年なんですよ。というのも、結婚記念日ってのは結婚式を執り行った日ではなく、役所に婚姻届を提出した日だからなんですけどね。つまり、2010年11月1日が実は真の結婚した日でして、結婚式を執り行った2010年6月18日ってのは単に結婚式開催記念日なんですね。前にどっかで書いた気もしますが、まーエー歳こいて同棲も内縁もねーべさ?相手や親御さんに失礼だわな?ってぇ事で同居のタイミングで籍を入れてたって事ですね。

 んな事はどうでも良くて、結婚記念日。そもそも何それ?何すんのさ?と新米は思うわけでして。つまりアレでしょ?トシ食ったら旦那が嫁にスィートテンダイヤモンドとかいう高級品を送るとかいう恐ろしいヤツでしょ?忘れたら殺されるんでしょ?ってくらいのイメージしかないわけです。そこで諸先輩方々の結婚記念日の過ごし方をググってみたりします。世の中には結婚している人がたくさんいますので。えー、ウェディングケーキの頭を食べる!ってナンだこりゃ?そもそもケーキはロウ細工だったっつーの。ケーキカットはスノーボードを突き刺したっつーの。えー、紙にちなんだものを用意する?そもそも一周年の結婚記念日は紙婚式とか言うとか?紙って随分ペラペラやなぁ。銀婚式とか金婚式とかスゲー重みとはワケが違う感じ。って紙ってなんだ?手紙?ムリムリ。ウチの相方は式当日にも親御さんへの手紙すら書かなかった位シャイなのに。えー、式の日に泊まったホテルにディナーステイ?式をしてからまだ4ヶ月なんだってば。うーん、いずれにしろ旦那が嫁に何かするのが当たり前な感じ?働いてるから、でしょうかねぇ。今は共働きが普通、男性の育休もある時代なんですけどね。

 私が思うに、クリスマスとかもそうですけど、男が女に何かする!っつぅ一方的なイベント多くね?


← 前日 翌日 →