2011 年 10 月 16 日(日)

 シーズンが始まって忙しくなる前にヤルことやろうって事で、オークション出品計画始動です。まー私はコレで儲けを出そうとは思ってないんですが、捨てるよりはエコ?あとは相方のお小遣いにでもなればなぁ程度。最初はダブったジャージ(サイズ違い)を売るためだったんですけど、あーそういやプロジェクターを売らなきゃ!ああ蛍光灯電球がたくさん!あ〜アレも!あ〜コレも!と売らなきゃいけないものがたくさん出てきました。捨てるよりオトクだとはいえ、出品も梱包も取引も発送も面倒なんですよね。そこまで手間をかける意味があるかどうかが疑問ですが、それがダメな考えなのは充分判ってますって。

 そういやプロジェクター。結婚式で使うために買ったヤツなんですけど、1,500時間使える(電球の寿命?)うちの700時間くらいしか使ってないんです。4300ルーメンというとんでもないハイパワー機種で、最大300インチまで引き伸ばし可能。私は暗いのが嫌いなのでウチの部屋はすごく明るいんですけど、それでも照明を落とさずに使えるくらいのハイパワー。しかもコレ、定価幾らだと思います?な、なんと・・・\1,300,000です。百三十万。そりゃスゲーよマジで。でもオークションで買ったのはたった数万。10年も経たないでこの価格下落?なんかそれ知ると売るの止めてホームシアターにでもした方がエエんちゃうか?と考えちゃうのは気の迷いでしょうか?

 私が思うに、古くなると価値が落ちるけどまだまだ使える!のは誰しも理解している常識でしょうけど、中古売買って経済にはイマイチなんでしょうね。


← 前日 翌日 →