2011 年 10 月 14 日(金)

 レタスありますよね?あーありますとも。あれって、ぜーんぶ葉っぱですよね。むいてもむいても葉っぱ。芯まで葉っぱ。んなことはどうでもいいんですけど、その葉っぱの状態でスーパーに売られているわけです。扱いの良いスーパーだと外側にビニールとかラップとか巻かれてたりしますけどね。さぁいざ食べるぞ!って時、どこまでが食える範囲でしょうか?基本、左右から被さるようにして葉っぱがあるので、外側の2枚は大抵痛んでたり虫が食った跡があったりで食べないと思うんです。でもその内側?3枚目?4枚目?どのへんから食えるものなのかスゴク悩みます。そりゃその気になれば一番外のヤツだって食えるとは思いますよ。でも農薬とかもあるでしょうし、痛んでたら食う気は起きません。でも3枚目〜4枚目ともなると無傷だったり傷くらいムシっちゃえば綺麗なんですよね。ただしっかり緑色。ちょっとエグい?苦い?感じのとこ。非常に微妙です。

 そもそも野菜って、外側とか内側とかって概念はあんまりないですよね。そりゃ根野菜(じゃがいも、さつまいも、だいこん)なんかは外皮はまず食べないです。しかしパセリとかほうれん草とかなんて、その葉っぱを食う事が目的なわけでして。トマトとかだってそうでしょう?湯剥きする人もいるかもしれませんが、そのまま食べるのが一般的。んじゃレタスだって一番外側から食べればいいじゃないですか。いや私は食べませんけどね。苦いの嫌いだし。

 私が思うに、食べられるもの、捨てられるもの、違いはまさに紙一重。


← 前日 翌日 →