2011 年 10 月 11 日(火)

 体調が芳しくなかったので、家でゴロゴロ・・・はイヤになったので、ちょっくら久々に映画を観に行ってきました。相当な制作費を費やしたのに大して話題になっていないWILD SPEEDの最新作です。まー男なら誰しも豪快なカスタムカーや凄いドラテクに魅了されるものですが、それを本気を出して映画化しているこのシリーズ、まずはネットで予告編・・・あれ?ワイルドスピードってこんな映画だったっけ?確かカーチェイスで有り得ない車の動きを見せてくれるような?何これ?ギャングもの?でも何か評判はすごい良さげ。まぁいっか、とりあえず観てみるか!という感じで観に行きました。

 ネタばれになるのもアレなので、内容には触らずに、でも誤解を恐れずに言わせてもらえれば、「あれ?確かワイルドスピードを観に来たんだよな?」が感想です。舞台や設定に無理があるのはいつものことですが、とにかくそういう問題じゃなくカーチェイスが殆どありません。いや正確に言えばそれなりにあるはある、なくはないんですけど、Aチームでも観た気分です。しかも時間と場所の都合で吹替え版になってしまったので、尚更何だかなぁ?って感じ。いやアレは英語にしてもあんまり意味はないかもしれませんが。

 私が思うに、観終わった後に一緒に観に行った人と会話が弾む映画って、ある意味名作?


← 前日 翌日 →