2011 年 08 月 04 日(木)

 ケータイは非常に便利ですが、それでも相手が電話に出られない事があります。そこで役に立つのがケータイEメールです。掛ける側の一方的な都合の電話と違い、受信者の好きな時に見て好きな時に返信すれば良いので、非常に良心的ですよね。

 ケータイEメールと違い、殆ど使われていないものとしてSMSがあります。docomoではショートメッセージ、auではCメール、softbankやemobileではSMSとそのまま呼ばれているサービスです。ケータイEメールと違い、50文字しか入らない、改行が入力出来ない、添付ファイルが送れないなど、不便な点が多々あるんですよ。但し、電話番号のみで送れるというメリットがあります。例えばビジネスシーンで電話番号を交換するなんて事は頻繁にありますが、ケータイEメールを交換するなんて事は滅多にありません。しかしSMSなら、電話番号さえ知ってれば「すいません、電車が止まってますので打ち合わせに遅れます」なんてメールがいきなり送れちゃうんですよ。便利でしょ?

 ん?ショートメールはdocomoならdocomoにしか送れない?実はそんなことないんです。意外と知られていませんが、先月半ばより、docomo、au、softbank、emobileの各社間でもSMSが飛ぶようになったんです。試しにdocomoの人は、auの人にいきなりSMSを送ってみて下さいね。

 私が思うに、番号ポータビリティが今更ですが、キャリア依存しないものに少しずつ近づいています。


← 前日 翌日 →