2011 年 07 月 24 日(日)

 旅行に行く前にスーツケースが壊れてたので新調したんですよ。その古いスーツケースの処分に非常に困っていまして。大き過ぎて、捨てられないんですね。明らかに粗大ゴミ。もちろん市の清掃局に連絡すれば引き取りに来てくれるんですけど、\500もするステッカーを買わなきゃいけないんです。高いですよねー。市によって値段はマチマチなんでしょうけど、大和市は普通のゴミすら有料ですから、やっぱり高いんですよ。そこまでやると不法投棄が増えるだけのような気もするんですけど。

 何とか安く済まないかなぁと色々と調べていたんですけど、市の別の制度として、持込廃棄ってのがあったんです。ゴミ処理場に「自家用車で」持ち込むと、10kgあたり\200で何でも引き取ってくれるんですよ。スーツケースなんて重いもんじゃないので、これはナイスな制度です。実はその他にも捨てたい粗大ゴミってのが大量にありまして、リフォームの際に全ての部屋で付け替えた古い電灯とか、引越しの際に出た古いウォッシュレット(もうこんなの売れないっしょ)とか、同じく引越しの際に出た古い24時間風呂(これももう売れるクオリティじゃないっしょ)とか。重いものは40Lのゴミ袋(\64)に入れて、軽いものは持ち込んで引き取ってもらいました。いやぁようやく部屋の不要物がなくなってきてスッキリ。

 私が思うに、どんどんゴミが捨てにくくなる世の中、消費できない=不況を後押ししまくりです。


← 前日 翌日 →