2011 年 07 月 20 日(水)

 先週末は友達の別荘?別邸?に行ってきたんですよ。房総の端っこの方。ナイスなロケーションの海。日差しは強く、海は(本島にしては)すごく綺麗で、ひと足先にひと夏のバカンスを楽しんできました。もー真っ黒。みんな。友達や相方は真っ赤になってしまって大変なコトに。ぶっちゃけ火傷状態ですよ。私はドバイで下地が出来ていたからか、そもそも赤くなりにくい体質のせいか、コゲました。よく焼けたんですが、それほど痛いとか辛いとかってのはないですね。さすがに湯船に浸かったり40度超えのシャワーを浴びると結構ツラいですが、まぁ全然平気です。男はナマッ白いより、黒い方が逞しく見えるってなもんじゃないですか。エセ海男バンザイです。

 今回すごかったのは、波です。そりゃーもう、海水浴場でこんな波を見たのは正直初めてかもです。もちろん台風が近づいている影響ですが、まだまだ全然遠いはず。海ってのは不思議なものです。そして体感したのが、津波と引潮。数ヶ月前に街を飲み込んでいく恐ろしい映像を散々見たじゃないですか。その波のパワーと、それ以上に全てを浚っていく引き波のパワー。本当に何もかも海に連れ去られてしまう感じ。私が体感したのはたかだか4m程度の波の波打ち際。数百分〜数千分の一って規模の疑似体験ですが、自然ってのは怖いですね。

 私が思うに、自然には逆らえません。しかし全てを受け止めるわけにもいきません。どう共存するか?が問題なんでしょう。


← 前日 翌日 →