http://readmej.com/

2011 年 04 月 10 日(日)

 電車には必ずあるじゃないですか。プライオリティシート。ふぉーあはんでぃきゃっぷぱっせんじゃー。優先席ですね。怪我人、お年寄り、妊婦さんなど、大変な人に対して譲りましょう席です。しかしここで問題がひとつ。あれ、専用席ではないんですよ。優先。あくまではんでぃきゃっぷな人を優先してあげましょう!なんですね。私は絶対あそこに座ることはありません。他に席が空いてなかったとしても、間違いなく立つだけであそこには座りません。ってか、そんなもんじゃないですか?フツー。

 帰りは疲れているので、帰りの電車は座りたいんです。急いでいる時は仕方ないんですけど、そうじゃなければ、6分待てば25分以上座れるわけです。横浜なんですけど、始発駅ってイイですよね。しかし、そこでいつも不思議な光景を見るんです。それは率先して優先席に座る人。一人や二人じゃなく、多々。例えばドアが開いてドカドカと我先に席を求めるとき、それは「優先席でもいいから座りたい」という人がいても仕方がないとは思うんです。イヤな性格ですけどね。しかし結構空いていて、優先席じゃない席もフツーに座れるのに、我先に1番に電車に乗り込んで優先席へ直行。しばらく見てると普通の席がまだ空いてるのに優先席が先に埋まる。意味が判りません。そして堂々とケータイをいぢり出す。若者でも中年でも一緒。どうなってんだ日本?

 私が思うに、世の中は、私の理解できない人間型の不思議な生き物でイッパイです。


← 前日 翌日 →