http://readmej.com/

2011 年 04 月 01 日(金)

 お金が色々と厳しい状況になってきました。いや差し迫って食うに困るような状況ではありませんが、何しろ例のイベントが。式+宴で○○○万円、二次会だけでも一ミリオン円超え。後から後から必要なお金がどんどん見えてきて、おいおいどんだけカネがかかるねん?という恐ろしい状況が差し迫っていて結構シャレにならん状況に陥っています。いやもうないっしょ!?と思うんですけど、まだ出てきそうで怖いですね。両親からの援助を断わった事を少し後悔・・・いやこの歳になって親に甘えてってのもどうなんよ?と思うので、それはそれで何とかやりくりせな!という状況なわけですが。

 このご時勢に豪華絢爛な宴に意味があるのか?という話です。もちろん私は庶民ですから豪華ったってタカが知れてますが、それでも数百万単位のお金が動くわけです。それならばいっそ、その辺の公民館で仕出し弁当とビールで宴を行い、招待客みんなには一流フランス料理を食べた気になってもらって豪気なご祝儀を持参頂く、そして開催者と招待客にて集まったお金を義援金として赤十字社に!とか変な事を考えたら、同じような事を既にしている人がいたり。それならばいっそ経済停滞を打破すべく、限界まで出来るだけ豪華を演出ってのもアリ?いや現時点でヤバイってハマってるのに、これ以上は無理ですよね。

 私が思うに、カネじゃなくて気持ちだよ!とは言いますが、カネって重要なんですよね。


← 前日 翌日 →