http://readmej.com/

2011 年 03 月 19 日(土)

 被災者の方々に対し、自分に何か出来ることはないか?と考えて現地に物資を送っている方がいらっしゃいます。そういう個人の物資を集めてくれる役所などもあったりします。暖かいですね。みんなのそういう気持ちは素晴らしいと思います。しかし、怒らないで下さいね。私はあまり物資の提供はオススメしません。何故か?物資は現物を現地へ輸送する事が大変だから!なんです。

 大きな被害を受けた地域以外には、実は結構な量の物資はあるんです。関西以西のみならず、中部地方にも、関東地方にも、いや実は東北地方にも物資は相当量が存在するんです。被災者及び避難者が数十万人以上、でも東北地方だけでも一千万人が住んでるわけですから。しかし、それは個人或いは企業の財産なんですよ。だから震災だから人助けだからと分け与えたいのはヤマヤマなんでしょうけど、全てを無償で配ってしまったら、その持ち主が生きていけなくなっちゃうじゃないですか。そこに金銭取引が存在するのがイチバン良いのです。お金を貰えれば出せるものは出しますよみんな。だって出したい気持ちでイッパイなんですから。だから言い方は悪いのですが、実は重要なのはお金だったりします。現地に持って行く必要もなく、何が足りず何を買うかの選択肢もあり、その場で余っても他に回せばよい。融通が利くわけです。誤解なきよう!もちろんカネさえあれば他に何も要らないってわけではないんですけどね。

 私が思うに、一番重要なのは、何かしてあげよう!という気持ちである事に変わりはありません。


← 前日 翌日 →