http://readmej.com/

2011 年 03 月 18 日(金)

 皆様心配の最中に生活を徐々に取り戻す中、原子炉の問題だったり節電の問題だったりで大変ですね。ん?語弊がありますね。大変なのは私じゃありません。原子炉と日々戦い続けている勇者たち、電気のない世界で頑張っている被災者たち、物資を送ったり届けたりする方々、私以外の誰かがすごく大変なんです。何のチカラにもなれない自身が寂しい限りですが、せめて節電!とエアコンを消してみたり電気を半分しか点けなかったりコンビニでジャリ銭を寄付してみたり。頑張れ私以外の皆さん!

 つまりみーんな大変なんです。すごく不思議なのが、そのみーんな大変ってゆーこの事態で、何か怒ってる人がたくさんいることなんですよね。例えば原発。「非常電源が」「危機管理が」「初期対応が」「放射能が」意味が判りません。学者さんが揃って想像しなかった未曾有の災害ですよ?津波を受けた前後の画像の比較とか見ましたか?建物が残っているだけ驚異的です。そして最悪の事態を何とか回避すべく必死で戦ってる人がいっぱいいるのに、結果に対して文句だけ付ける人。あんたら現場に行けよ!って感じますね。そしてもっと意味が判らないのが、計画停電に文句をつけてる人。仕事にならん?会社に行かなきゃ?バカじゃないの?あなたがその仕事をしなかった事で本当に日本は止まりますか?予定通りに消えない?予定以外で消えるならまだしも、消えなかった事の何が問題なのかサッパリ判りません。消えてなくても消えたもんだと思って3時間過ごすだけでしょ?よく考えて下さい。ホント怒るなら地球に対して怒るべきであって、政治家だろうが電力会社だろうが鉄道会社だろうがみんな必死なんです。

 私が思うに、日本は頑張っていますよ。世界の協力も素晴らしいですよ。私は今なお、人類は素晴らしいと感じていますよ。


← 前日 翌日 →