http://readmej.com/

2011 年 02 月 19 日(土)

 ちょっくら仕事が多忙だったわけでして、何でかっちゅーと1件で2億弱の案件の提案活動を行っていたわけでして、先日見積を送って商談をしてきたわけでして。規模的にもちろん競争入札なわけでして、競合他社が何を幾らで持ってくるかも判らずに無理やり作った見積なわけでして。いやぁもーめんどくせ。

 何しろスチャラカ社員な私としては、こんな仕事はぶっちゃけ失注しちまえ!的なノリなわけでして。だって工期7ヶ月とかですよ?んなもん火を噴く案件になるに決まってるんですよ。仕様も明確じゃない部分が多々あり、かと言って無制限に値段を上げるわけにもいきませんし、何しろ未だ世の中に存在しないものを作ろうって話なんです。もう一度繰り返しますよ?世の中に存在しないシステムだから開発しようって話なんですよ。何でお客さんは「使用実績は?」とか「確証は?」とか無意味な事を聞いてくるんでしょ?確かに相手は大手インフラ事業者。しかしんなもんウチだって大手IT企業、何かあったら全社挙げて事態の収拾を図るように出来てるんですよ。何で「んじゃ任せた!責任持てよ?」くらいアッサリ単純に行かないんでしょうね?作る前から細かい仕様の話なんかしたって無意味でしょ。こっちはそれが仕事なんだから、より良いモノを作るって確約してんですから。

 私が思うに、大きな仕事に遣り甲斐なんて感じません。適当に手を抜いてプライベートを大切に!そんなリーマンに私はなりたい。


← 前日 翌日 →