http://readmej.com/

2011 年 02 月 08 日(火)

 残念な事に、先週末に身内でケガ人が出てしまいました。もちろんケガをしたくてしているわけではないですし、スノーボードは危険を伴うスポーツなのでケガは仕方がないのです。でも可哀想です。お大事に。

 しかし!よーく聞いて下さい!今回のケガはキッカーじゃないのです。地形遊びとかでもないのです。それはグラウンドで起こったのです。むしろコブも何もなく混み合ってもいない開けたバーンです。実情を書きますと、身内同士の衝突事故。二人ともケガをしており、二人とも滑っていたため、加害者も被害者もないんです。双方が加害者であり、双方が被害者なんですよ。もちろんケガの大小はありますので、ケガが大きい方が被害者っぽくなりケガが少ない方が加害者っぽくなってしまいますが、それは結果論です。そして二人とも今までケガらしいケガをした事がなかったため、あまりしっかりした保険に入ってなかったのが災いです。いや私は二人を責めるつもりは全くないですよ。ゲレンデでは起こるべくして起きた事故であり、どうしようもないんです。それに二人とも結構なプロテクターを着込んでいて、それなりに十分な危険防止をしていたと思うのです。しかし起きてしまった事故。ケガをしてしまった双方。一人は記憶が飛んでしまっているような危険な脳震盪など。一人は手術しなきゃいけないような大ケガなど。イイですか?ゲレンデは非常に危ないところです。自分は大丈夫!ではなく、起きてしまう前に、です。保険に入ってない人は今週末までに必ず入って下さいね。

 私が思うに、自分のためじゃなく、他人を賠償するために損保はあるのです。


← 前日 翌日 →