http://readmej.com/

2010 年 12 月 01 日(水)

 LTEがとうとう本格稼動です。先行はdocomo、サービス名はXiと書いてクロッシィと読みます。mova→FOMA→Xi、なんの繋がりもない命名規則ですね。ともあれデータ通信理論最大値が37.5Mbpsに!ADSLが10Mbps程度ですから、有線より無線の方が速い時代に突入です。これからKDDI、SBM、EMも続いてLTEの世界に移行していきます。かつてmova(PDC方式)がFOMA(W-CDMA方式)に代わっていったように、あと2〜3年でごっそりと移行が行われます。

 と言っても今はdocomoの空回り、非常に先が思いやられる状態です。docomoは「先に始める」と言い張ってしまった関係上、とりあえず今月にサービスを開始しますが、端末は2種類(両方ともデータ通信専用で通話は出来ない)で、サービスエリアはあり得ないくらい狭いです。23区内でも殆ど繋がらないと言っても過言ではないくらい。そりゃそうですね、基地局が1000局くらいしかないわけですから。しかし各社の移行は本気でして、2014年度末までに各社合計1.1兆以上(docomo:3,430億、KDDI:5,150億、SBM:2,080億、EM:650億。コレ出しても問題ない数字なんかな?)で、設備投資計画の金額で本気さが伺えます。基地局とエリアとしては2014年度末までにdocomoは20,700局(52%)、KDDIは29,400局(97%)、SBMは9,000局(61%)、EMは6,400局(76%)と差があるのは不思議ですが。docomoはFOMA+Xiで日本をカバー、KDDIはLTEで日本全てをカバーする気なのが面白いです。果たしてどうなることやら。

 私が思うに、品質のdocomo、繋がるau、ネタのSBM、安さのEM。LTEになってもこの関係は変わらなそうです。


← 前日 翌日 →