http://readmej.com/

2010 年 11 月 18 日(木)

 番組の途中ですが、臨時ニュースをお伝えします。11月17日未明、KSBA教育部よりJSBAのB級インストラクター学科試験の合否通知が配送された模様です。巷では歓喜の声が溢れる事が予想されます。以上、臨時ニュースでした。

 そんなわけでツェット宅にも合否通知が届いていました。んむ?ちょっと封筒が厚め(合格後の案内とかが入ってるから厚くなる?)だ!これはひょっとして・・・と開封してみますと、見事合格!アッサリ。点数が出ているのですが、158/200点でした。低いですけど、聞いた話だと7割で合格らしいので、140/200点でイケるみたいなんです。1問2点の200点満点ですから、まだ9問も間違える余地があったってことです。ん?この考え方はおかしいか。A級の場合は160/200点を取らなきゃいけないみたいなので、あと1問は大丈夫にしておかないと。ん?この考え方もおかしいか。よーし、次は200点満点取るぞぉ!って次っていつだ?

 ほんとバカ正直に言って、総勉強時間とゆーかJSBA指導教本を開いた時間はトータル10時間くらい?そのうちの1/3はその指導教本を誕生日プレゼントに貰った時と昨年のJSBAインストラクター年次講習会の時。勉強って感じではないですね。もう1/3は10月に相方とちょろっとやった時、残りの1/3は試験前日に相方とガッツリやった時。思い出しても明らかに勉強不足ですね。まぁ元々私は理論派というか理屈派というか「こういう理由でこうなるはずだからこう滑る」みたいな所があるので、勉強というか独自の単語を覚える方がメインだった気がします。ともあれこんな私が受かるくらいですから、きっと誰でも大丈夫ですよ。

 私が思うに、学科より実技ですよね。理屈が判っても体現できなきゃ意味ないですし。


← 前日 翌日 →