http://readmej.com/

2010 年 10 月 06 日(水)

 会社でエレベータに乗っていた時の事です。私のところからは見えなかったのですがドアが閉まりそうになった時に乗ろうとしていた人がいたらしく、同乗していた人(他人)が慌てて開くボタンを押そうとして結局閉まっちゃったんです。あわわっ!あーっ!ってな感じですね。その他人さんの上司?先輩?らしき人が他人さんに「偽善だろ?」と笑いながら。プッと吹き出しそうになりましたが何とか堪えて。続いて「偽善でも何でもやったほうがいいよ」と。「偽善も善のうちだぜ?やらない偽善よりやる偽善の方がいいだろ?」と。いやぁ、イイコト言うなぁ。

 とあるマンガで「カラ元気も元気」という台詞が出てきたのを思い出しました。カラ元気でも何でも続けていれば、気持ちの内も元気になるかもしれません。沈んだ人がいると周りの空気も重たくなります。元気な人がいれば周りの空気が軽くなり、相乗して自分もまた元気になるかもしれないわけです。同じように偽善でも何でも、行動的には善意の行動と差異はないわけです。心の中で何を思ってようが、心の中に別の思惑や狙いがあったとしても、それが他人から見て善意に見えれば、それは立派な善行動だと思いませんか?

 私が思うに、一日一善!偽善でもいいじゃないですか。


← 前日 翌日 →