http://readmej.com/

2010 年 07 月 05 日(月)

 先日のインロック事件の後に試したのですが、集中ドアロックってエンジンかかってなくても、いやキーがACCに回ってなくても、つーかいつでも開くんですね。つまり実カギ要らず。確かめてみました。トヨタ車だけなのかな?年式の問題かな?よく判りません。しかし非常に疑問なのが、なぜその機能があるか?です。だってACCに回してない場合に、運転席のコンソールに通電する意味がないんですよ。カギを抜いていたら窓も閉まらないし、ドアミラーもたためません。なのに集中んとこだけACCに頼らず常時通電されてるってコトですよね?わざわざ集中ドアロックのためだけに電源線を2線も引いてるんですかコレ?謎ですよねー。

 いや発想が逆ですね。たまにやりません?エンジン切ってカギを抜いた後に「あー窓を閉め忘れた!」みたいなの。んで仕方なくまたカギを挿してACCまで回して窓を閉めたり。でも集中ドアロックのために常時通電してるなら、エンジン切ってても窓が開けられればイイと思いません?ドアミラーもたためればイイと思いません?その方が全然便利じゃないですか。ドアに通す配線も常時電源だけで済む訳ですし、開け閉めしなきゃ電源なんて食わないんだからバッテリがあがるコトもないでしょ?自分で配線換えちゃえば便利になるかな?

 私が思うに、そのうち車にエンジンをかけるという発想そのものがなくなるんでしょうか。


← 前日 翌日 →